愛知県立安城東高等学校同窓会 碧海野会「達」

安城東高校の

同窓生のみなさんへ

安城東高校の同窓生も1万人を越えました。

この多くの会員に対して、

迅速な情報及び

コミュニケーションの場を

提供することを目的として

このホームページを立ち上げました。

同窓会員による

サイバーネットワーク実現の

ツールとして活用頂ければ幸いです。

 

※初めての方は、こちらをご覧下さい。

会長挨拶

愛知県立安城東高等学校同窓会 碧海野会「達」

今だからこそもっと情報発信を

同窓会長 浅井 浩一

 

 新型コロナウィルス感染収束の目途がなかなか見えてきません。「これまでとは全く別物」と言われる変異株による第4波がこれまで以上に拡大し、3度目の緊急事態宣言は5月28日に再延長が決まりました。医療崩壊寸前の地域も多く、懸命に命を守り続けておられる医療従事者の皆様には、ご自身の心身の健康を維持しつつ、なんとか頑張っていただきたいと心よりお祈りする次第です。
 
 さて、昨年は恒例の総会を中止し、「1年後の総会には、昨年ご卒業の42回生と今年ご卒業の43回生、加えて50歳を迎えられた11回生と12回生、還暦を迎えられた1回生と2回生とをお招きして、盛大に総会を開催したい」と申し上げたのですが、このような状況の下、感染拡大を少しでも抑えるため今年の総会は、卒業年次の42回生と43回生のみに限定させていただくことにいたしました。
 
 50歳並びに還暦を迎えられた皆さんには、旧交を温める絶好の機会を楽しみにされていたことと思いますが、大変申し訳ありません。ワクチン接種が行き渡り、感染が収束するまでもう1年お待ちくださる様、何卒ご理解をお願いいたします。
 
 今年の総会で42/43回生をお招きするにあたっては、ソーシャルディスタンスの確保、手指の消毒、食事は個別に用意、食事タイムと歓談タイムを分ける、歓談タイムはマスク着用など、徹底した感染対策をしてお迎えいたします。どうか、多くの42/43回生の皆さんにお集まりいただければ幸いです。

続きはこちら

校長挨拶

愛知県立安城東高等学校同窓会 碧海野会「達」

着任と方針

学校長 村瀬 正幸

 

 この4月、第14代校長として着任しました。安城東高校3回生として卒業してから40年ぶりに母校の土を踏み、ずいぶんと大きく成長した木々を前に過ぎ去った年月の長さを実感するとともに、「過去」と「現在」がショートするという不思議な感覚を味わいながら今生活をしています。それは、伝統を踏まえつつも、新しい時代の趨勢を見定めて取り組むことの大切さを私に教えてくれます。
 今年、創立46周年を迎えた安城東高校は、校訓「達」の精神を3つの要素(達観、闊達、達成)から眺め、次年度から高校で始まる新しい教育課程とともに、数年後に控えた創立50周年を視野に、3つの取組を推進いたします。
 
 1つ目は、本校のこれまでの国際交流の歴史と入学生徒の通学圏の広がりから、新たな人材育成の指針として、グローバルな視野にたち自らの足元を定め、ローカルな視点で行動できるグローカル人材の育成をキャリア教育の中核に据えます。本校の在校生は、現在、西三河地域を中心として、50以上にわたる中学校区から通学しています。通学圏は年々拡大しており、多くの異なる地域からの本校への流入は、新たな学校文化創造の原動力として生かせるはずです。この自らの生活基盤である「地域」という視点を盛り込んだ新しい教育活動を「グローカル・スタディーズ」と名付け、現在その内容と配列の検討を始めています。

続きはこちら

安城東高校 在校生の活躍

公式ホームページ